桃の節句

今日4月3日はここ飛騨地方では桃の節句です

何箇所かにお雛さまを飾っています

桃の節句1

雛人形にも数種類あるそうで、この雛人形は享保雛なのではないかと思われます

面長な顔に切れ長な目、能面に似た静かな表情をしているのが特長だそう

桃の節句2

まさにそのような姿をしていらっしゃいます

替わってこちらは廊下に飾ってあるお雛様

桃の節句3

アップすると...

桃の節句4

桃の節句5

母が綿棒で作った雛人形です

遠くからだと結構それらしく見えます(笑)

ちなみに少しだけ桃が咲きました

桃の節句6
 

いけばな日記vol.3

暑さ寒さも彼岸まで、いよいよ春到来かと思われた矢先…

雲龍寺の雪1

雲龍寺の雪2

まだまだ本格的な春は来そうにありません。

桜が既に見頃を迎えた場所もあるとか。

以前に生け花日記で紹介した桜も桃も中々咲いてくれないのでアップできません(T_T)

という訳で今回は一種生けシリーズ第3弾、既に綺麗に咲いているレンギョウの一種生けです。

いけばなレンギョウ1

いけばなレンギョウ2

いけばなレンギョウ3

黄色い小さな可愛い花を沢山咲かせていて、廊下をパッと明るくしてくれています。

漢方では「連翹」と呼ばれ、解熱、消炎、抗菌の作用があるそうです。

綺麗なだけでない万能選手なのでした。

いけばな日記vol.2

3月に入り、日中は少し暖かい日も出てきた気がします。

境内の雪も、この1週間程でうんと少なくなりました。

境内1

いけばな日記第2弾は「桃」の一種生けです。

ちょうど今日は桃の節句ですね。

といっても高山は節句が一か月遅れなのであまり実感はありませんが…

桃1

桃2

まだまだ咲きそうな気配はありません…

梅は女性的な感じで生けるべしとご指導をいただきますが、なかなか難しいです(笑)

早く暖かくなってピンクの可愛らしい花が咲いてくれるのを気長に待ちたいと思います。

いけばな日記 vol.1

今日は立春、暦の上ではいよいよ春になるわけですが、ここ高山市の今朝の最低気温はマイナス9.6℃。

冬真っ盛りです…

さて、本日のテーマにもあるようにこのブログでいけばな日記を始めたいと思います。

私、池坊のいけばなを習っております。

と言っても、とても人にお見せ出来るような腕前では無いのですが…

ただ、観ていただくのも自分自身の勉強になると思いましてUPすることにいたしました。

コメントをいただけると嬉しいです。

初めての投稿は、桜のお生花、一種生けです。

雲龍寺の生け花日記桜1

雲龍寺の生け花日記桜2

雲龍寺の生け花日記桜3

水が凍ってますが…

私は枝ものの一種生けが好きなのですが、なかでも桜が大好きです。

まだ先のことでしょうが咲くのが今から楽しみです。

ちなみにこの桜は「東海桜」という品種だそうです。

桜の品種は現在600種を超える種類があるそう。

とにかく早く花見の出来る暖かい季節が来ることを願うばかりです。

この桜が綺麗に咲いたらまたUPしたいと思います。

今月も雪・雪・雪です(汗)

昨年から降リ続けている雪は今年に入っても猛威をふるっています。

連日、朝から雪かき&屋根の雪下ろしに追われています。

今シーズンの雪はとても重たいので、腕だけでなく、腹筋、背筋、大腿四頭筋などありとあらゆる筋肉をフル活用しております。

おかげで最近気になっていた横っ腹のたるみが少し改善された気が...

と前向きな気持ちで雪と向き合っています(笑)

写真は本堂の裏ですが、何度崩してもあっという間に屋根とつながってしまいます。

雪つながる

ガラスも助けても助けても次から次へと雪におそわれます。

雪とガラス

地道な救出作業が続きます。

年末アルバム ~雪かきに追われるの巻~

いよいよ今年もあと1日を残すのみとなりました。

今年の年末は全国的にもそうでしたが、ここ高山もとても雪が多かったです。

雪囲い

雪囲いをした次の日から降り始め…

雪1

うっすらと積もりかけたと思ったら…

雪2

いっきにどかんと積もりました…

雪3

まだ12月なのに屋根の雪降ろしをするのは珍しいと思います。

しかも1月、2月に降る雪と違ってとても重い為、木が倒れてしまったり、何本も枝が折れてしまいました。

雪4

ただ屋根からの眺めは絶景でした。

 

 

それでは皆様よいお年をお迎えください!!

漬物を漬けるの巻

高山もいよいよ気温が氷点下の日が出始めました。

漬物作りの季節です。

今年も漬物用にたくさんの白菜、赤かぶ、大根をいただきました。
ありがとうございます!!

立派な白菜。

白菜

そして飛騨といえば赤かぶ。

赤かぶ

白菜を輪切りにして形を崩さないように慎重に並べていきます。

漬物1

一段目が終わったら、薄く切った赤かぶを敷き詰めます。形が崩れないようにという理由や甘味を出すという理由、そして赤かぶからのほのかな赤みを出すといった理由があるそうです。

赤かぶ1

何段か漬けたら重石をのせて水が上がるのを待ちます。

漬物全景

こうしてしばらくすると漬物が完成します。

漬物は昔から冬の大切な保存食でした。

先人の知恵はすごいなぁと改めて感じる作業です。

このほかにも赤かぶ漬けやべったら漬けを漬けました。

出来上がりが楽しみです!!

紅葉アルバム

朝晩ずいぶんと寒くなってきました。

終わりかけてはいますが、雲龍寺の庭ももう少し紅葉が楽しめます。

紅葉1

この時期は池の水も澄んでいて、紅葉が写り込んで綺麗です。

紅葉2

もみじ、ドウダンツツジなどが紅葉しています。

紅葉3

青い空と緑、そして紅葉の赤がベストマッチ。

紅葉4

雲龍寺の庭は回遊式になっています。

紅葉5

葉っぱが散ると雪囲い。いよいよ冬の準備です。

すっかり秋ですね…

以前夏仕様にした座敷も、2014A/W仕様に衣替え。
再び孔雀さんの登場です。

IMG_4017

IMG_4041

網戸を外したり、襖を入れたり。
いよいよ秋、そして長い冬が来るんだなぁと実感する作業です。

境内を見てみると既に紅葉してしまった木が…

IMG_4034

長い間綺麗に花を咲かせていた百日紅も…

IMG_1673

よろしく哀愁です…

IMG_4006

ちなみに今日はとても夕日が綺麗でした!!

IMG_0353

ありがとうございます!!

秋のお彼岸も本日で結願です。

彼岸花も綺麗に咲いています。

IMG_3989

当山では中日の日、つまり春は春分の日、秋は秋分の日に彼岸会の法要を厳修しております。

法要で皆様にお出しする料理。

 IMG_2715

お野菜をくださる方のおかげ、そしてお料理を手伝ってくださる方のおかげだとつくづく感謝しております。

IMG_3976

ありがとうございます!!